記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

商品(369参)ロゴにはこんな意味があります。

高麗人参の蒸暴(じょうばく、蒸し干し)の回数を調節してサポニンの転移現象を通じて、その有効成分を最大限にすることで自然な状態で多く含まれているサポニンの種類を私たちの体に必要とされる様々なサポニンに変化させます。

つまり、高麗人参の蒸暴(じょうばく、蒸し干し、1回〜9回)を介してサポニンの転移過程を調節し、様々な形で作ることができる最先端のプロセス技術を開発しました。これにより、1〜9回の蒸暴(じょうばく)中、3蒸3暴を3、6蒸6暴を6、9蒸9暴を9とし、合わせて「369参」としました。

蒸暴過程で使用される水蒸気が蒸暴(じょうばく)後、水になった色を見ると、最初の開発設備では茶系であったが、現在完成して製品を生産している設備では、真っ白です。これは蒸暴過程を通じて高麗人参が持っている有効成分が流出されてないことを証明しているし、高麗人参が持っている有効成分を内部に凝集しながら蒸暴(じょうばく)する先端プロセス技術の完成でございます。

これにより、3蒸3暴を赤、6蒸6暴を緑、9蒸9暴を青に光の三原色とし、これを合わせると(369)白になることで、ごの概念を活かして369商品のロゴを製作しました。

また、光の三原色(赤緑青)を合わせると白が出てくることの意味は、人が摂取する食品をさまざまな形で製造するが、それを作る心は人を愛し、尊重する純粋な心を込めていることを表現しており、また千年の伝統を現代科学で継続していることを意味し現代的な感覚に併せて明るく澄んだ色で表現しました。

369参高麗人参


■369参ホームページ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

健康屋

Author:健康屋
食材がもっているそのままの味、是非、お楽しんでください。

最新記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。