記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

369参(Ginseng)をご紹介いたします。

高麗人参の効能とサポニン

昔から高麗人参は貴重な薬として使用されてきました。
ところが、現代に来て効能を見ていない人が多いのです。
その理由は、高麗人参の効能を持たせる有効成分であるサポニンにあります。

私たちの先祖は、高麗人参を様々な形に加工"して、「様々な効能」に処方しました。ところが、現代に来て、特定のサポニン(Rb1、Rg1、Rg3)だけを最大にする工程が標準的に定着して多様性と共に効能の多くの部分を放棄することになったのです。

実際サポニンはRb1、Rg1、Rg3のほか、Rb2、Re、Rc、Rd、Rg2、Rh1、Rh2などの様々なサポニンが存在します。それぞれのサポニンは、すべて私たちに、一般的によく知られている高麗人参の5大効能(免疫力の改善、疲労回復、記憶力の改善、血行改善、抗酸化効果)に準拠する効能が含まれています。




369参とは?

369参は、高麗人参の蒸暴(じょうばく、蒸し干し)回数の調節で、サポニンの転移現象を起こしてその成分を極大化したもので、自然の状態でのみ多く含まれているサポニンの種類を私たちの体に必要とされる様々なサポニンに変化させ多く含まれています。

この高麗人参の蒸暴(じょうばく、1回〜9回)を介してサポニンの変形プロセスを調節して様々な形に加工することができる技術を開発しました。そして、1〜9回の蒸暴(じょうばく)中、3蒸(じょう)3暴(ばく)(3回蒸し干し)を3、6蒸6暴(6回蒸し干し)を6、9蒸9暴(9回蒸し干し)を9とし、合わせて『369参』としました。




■369参ホームページ


何が違うのか?

•1
高麗人参は、サポニンRb2、Rb1、Rg1、Re、Rcを多量に含んでいるが、蒸暴(じょうばく)を繰り返すと、その量が減少します。逆に、微量存在するサポニンRd、Rg2、Rh1、Rg3、Rh2が蒸暴(じょうばく、蒸し干し)を繰り返すと、その量が増加されます。369参蒸暴機では、この現象を900余りステップの工程に分けて、コンピュータを介して全自動で調節しながら蒸暴(じょうばく)して、私たちの体が必要とするサポニンを選択的に飲用できるように製造します。

•2
369参蒸暴機は、外部的には、汚染源(カビ、害虫など)から独立した環境の中で移動せずに蒸暴(じょうばく、蒸し干し)が行われるので、衛生的で安全で、内部的には、有害物質の発生の条件である極限環境(高温、高圧)を回避制御してベンゾピレンやタールが全くなく生産します。

•3
一般的に、揮発性が強いサポニンは蒸暴過程で熱が過ぎれば過度の変形を起こし、他の物質に変化し蒸暴(じょうばく)中、参の表面の傷、折れところ、裂け目などに液が流れて降りたり、溶出されるが、369参蒸暴機では、すべてのプロセスを失うことなく、根参の中に有効成分を凝縮しながら正確に制御されます。蒸暴工程中参の組織がキャラメル化又はその液が外部に漏れないようにコントロールする369参のみの技術は蒸暴工程だけでふかふかの状態で保管や流通が可能です。(無防腐剤、無添加物)

•4
369参は、農協発行の6年根確認書と食品医薬品安全庁認定の研究所で検査した残留農薬検査などが確認された原料参のみを購入して製造します。1ヶ月分60包(2箱)には、高麗人参1200gを原料参に蒸暴した369参300gを主原料とし抽出します。

このように成分表示ではなく、原料参の量(原価)を公開するように、品質と価格に誇りを持って製造しております。



369参高麗人参


■369参ホームページ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

健康屋

Author:健康屋
食材がもっているそのままの味、是非、お楽しんでください。

最新記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。